思春期ニキビの原因を知ろう

多くの人が若いころ、思春期ニキビに悩まされるものです。
後から思えば、思春期ニキビも青春の1ページだと思えるのかもしれません。

 

しかし当時は、すごく深刻な問題としてとらえますよね。

 

思春期ニキビは、どうしてできてしまうのでしょうか。
効果的なニキビ対策をしていきたいならば、原因をしっかりと知る必要があります。
原因がわからないまま、根本的な対策はできませんよね。

 

思春期ニキビは、成長過程においてホルモンバランスが変わってしまうためにおきてしまうと考えられます。だから、十代のほとんどの子供たちが思春期ニキビに悩まされることになるのです。

 

ホルモンバランスが崩れてしまい、皮脂分泌が活発になります。
私たちのお肌において皮脂は大切な役割を果たしています。

 

お肌をコーティングして、潤いを保つ役割をしているのです。
しかし、皮脂分泌が過剰に行われてしまうと、それが汚れになってしまうのです。

 

毛穴の奥に皮脂が詰まって、酸化するとニキビの原因になります。

 

アクネ菌も発生してしまいます。
お肌を清潔にして、毛穴の奥の皮脂を綺麗にする必要があるでしょう。

 

どんどんニキビを悪い方向へ運んでいくアクネ菌も、殺菌していく必要があります。
それが最も効果的な思春期ニキビの対策となるのです。

他の関連記事も見てみる

思春期のニキビ対策